umikaki diary

ガジェットから日常まで

LGのフラッグシップ端末「LG V30+」を2ヶ月間使ってみて ~良くも悪くもドコモ端末~

去る7月某日、10万という大金を叩いてLGのフラッグシップモデルである「LG V30+」を購入しました。LG端末は昨年発売された「isai Beat」以来です。もともとLG端末は好きな部類であったので、メイン端末として久しぶりに触りたくなり購入に踏み切ったわけです。

LG V30+は、ドコモ、auからそれぞれ「V30+ L-01K」、「isai V30+ LGV35」として発売されています。

ちなみにLG V30+のSIMフリーモデルは当然ながらなく、日本向けは上記2つのキャリアモデルしかありません。

正直、キャリアスマホはカスタマイズが大量になされているため、SIMフリーモデルが良かったのですが、日本で発売されていない以上キャリアモデルから選ぶしかありません。

メイン端末で使う以上、ドコモ回線を使うので、LGV35をSIMロック解除して使うのはあまりにもデメリットが多いため、L-01Kをほぼ消去法的に使うことにしました。

やっぱりドコモ端末はドコモ端末だった

ドコモ独占販売となったHuawei P20 Pro HW-01Kが、グローバル版と比べて機能が潰されており、グローバル版は評価が高いにもかかわらずドコモ版の評価は低いという現象が起きています。

L-01Kもドコモ端末であるため、多かれ少なかれドコモのカスタマイズがなされており、私からしてみればせっかくのハイスペック端末が台無しになってしまったと言わざるを得ません。

メーカ純正電話アプリがドコモアプリに置き換わっている!!

ドコモ端末にはドコモが開発した独自の電話アプリ(ダイヤラー)がプリインストールされています。GalaxyやXperiaはメーカ純正アプリもインストールされており、電話は主にメーカ純正アプリで受ける形となります。

しかし、それ以外の端末はメーカ純正のダイヤラーなぜかインストールされておらず、そこにあるのはドコモアプリのみ。UIもいつの時代のものかと思えるような作りで、使い勝手もよくありません。

f:id:umikaki:20180906111933p:plain f:id:umikaki:20180906112335p:plain f:id:umikaki:20180906112409p:plain

しかも、画面ロックが掛かった状態で応答するには、一回ロックを解除してから応答ボタンを押すという二度手間を踏む必要があります。誤操作防止という観点からそのような仕様になっているのだと思いますが、そのような仕様にした意図が全く読めません。

ホーム画面はお馴染みの羊が動き回るdocomo Live UX

f:id:umikaki:20180906112649p:plain

ドコモ端末には必ず入っているdocomo Live UX。重い上に使い勝手が非常に悪いです。おまけに羊がチョロチョロ動き回る始末。見ているだけで鬱陶しいです。最近ではmy dayzという四角いキャラクターに変わったみたいですが、使っている人はいるのでしょうか。

幸いにも、こちらはメーカ純正のアプリが消されずに残されているので、よほどdocomo Live UXの方がいいという人以外はメーカ純正のホームアプリを使ったほうが幸せになれるでしょう。

PREMIUM 4G対応のため、LTE接続時は常に「4G+」
アンテナピクトの本数は最大4本

ドコモ端末はLTE接続時、PREMIUM 4G対応機種は「4G+」、非対応機種は「4G」という表示をしており、この端末もLTE接続時はキャリアアグリゲーションの有無に関係なく「4G+」表示になります。

また、これはLGV35にも言えることですが、V30+のSIMフリーモデル(グローバル版)ではアンテナピクトの本数が5本になっているのに対し、こちらは4本になっています。Huawei P20 Pro HW-01Kもその点は準拠しており、SIMフリーモデルは5本ですが、ドコモ版は4本に変更されています。

スペックに関して

ここまでドコモのカスタマイズに関していろいろと文句を言ってきましたが、実際の端末スペックに関してはさすがハイスペックとだけあって、かなり良いものとなっています。

評価については様々なブログに上がっていますので、ここでは簡単にまとめたいと思います。

まず、画面ですがOLED(有機EL)を使用しているため発色が鮮やかです。解像度2Kの6.0インチとなっており、かなり画面は大きいです。

CPUはQualcomm Snapdragon 835(MSM8998)で、RAM 4GB、ROMは128GBと大容量です。SDカードも入りますが、128GBもあればSDカードも不要なのではないかと思います。

対応バンドはLTE:B1/3/21/19/42、W-CDMA:B1/6or19となっています。LTE B28(700MHz)には対応していません。

キャリアアグリゲーションに関してはCA_1-3-42-42の4CC_CAに対応しており、256QAMと合わせて下り最大788Mbpsとされています。

カメラに関してはリアカメラが裏面照射型CMOS/約1650万画素/約1310万画素(Wide)のデュアルレンズ、フロントカメラが裏面照射型CMOS/約510万画素となっています。カメラの性能に関してはP20 Proには及ばないものの、かなりきれいに撮影できると思います。

ドコモのカスタマイズは端末をダメにする

端末スペックに関してはフラッグシップモデルとだけあって、かなり高いです。しかし、キャリアのカスタマイズがそれを台無しにしている感は否めません。

お世辞にも使い勝手のいいとは言えないドコモの電話アプリしか入っていなかったり、絵文字がいつの時代の絵文字かと思わせるような絵文字に置き換わっていたりと、プリインアプリが追加されているだけでなく、キャリア独自のものに置き換わってしまっていて元に戻せないというのは、使用者からしてみれば残念でなりません。

日本の携帯市場はキャリア主導型と言われますが、その構造がこのようなところに影を落としているのが実態であり、その点は徐々に改善していってほしいと思います。

前回の記事で書きましたが、HTCがフラッグシップモデルであるHTC U12+をSIMフリーで投入しました。これを皮切りに、キャリアのカスタマイズが一切入っていない、SIMフリーのフラッグシップモデルが発売されていくことを切に願っています。